当院について

通常の歯科診療を受けられない人たちがいます

診療方針である「Tender loving care」という言葉は、どんな人に対しても心を込めて治療をしますという意味が込められています。この「どなたにも」という、一見当たり前のような条件。実は、通常の歯科診療の在り方では、叶えることができません。なぜなら、それでは治療を受けることができない人たちが存在するからです。

当院では、そのような方々も分け隔てなく歯科治療を受けられることを掲げました。

そうすることが結果的に、該当する方々はもちろん、それ以外の方々も含めた全ての患者さまにとって、よりよい診療にもなりうると考えています。

方針に至るきっかけについて

はじめまして。みき歯科三越通りクリニックの院長である三木武寛です。
なぜ、このような方針を掲げるに至ったかについて説明させてください。

私は前職では「かがわ総合リハビリテーションセンター」で、主に持病や障がいを理由に歯科受診が困難な人を対象に治療を行ってきました。
以前、自閉症の少年が治療を拒絶して暴れた時に、体を拘束して無理やり治療を行ったことがあります。実に強烈な経験でした。
歯科治療は普通の方でも辛いと思うことがあるでしょう。ましてや障がいのある方にとっては恐怖でしかない場合が少なくありません。そんな方々ができるだけ恐怖感を感じずに気持ちよく治療を受けられるための様々な技術を習得いたしました。
そして、実際に障がいを持つ方が気軽に通える歯科医院が高松にはほぼないことから、独立して歯科医院を開設するにあたり、当院がそのような場所になること、そして当院から同様の治療ができるクリニックが広がることを目指そうと考えました。

同様に、体が不自由であるがために通院が難しい方(主に高齢者・要介護の方)でも治療を受けられる「訪問診療」も行っていきます。

障がい者治療について

日本障害者歯科学会の認定医による歯科治療

上記で申し上げました通り、治療に当たる医師はかがわ総合リハビリテーションセンターで経験を積み、数多くの障がい者の方の治療に当たってきた経験豊富な歯科医師です。

治療技術のみならず、治療にあたってのコミュニケーションやリラックスして治療に臨めるためのノウハウをもち、それぞれの症例ごとにきめ細かい対応をいたします。

障がい者向けの設備の設置、患者さまごとに痛みの軽減方法の模索をしています

当院では、患者さまにとっての恐怖である「痛み」を最小限にする治療を、患者さまごとに模索していきます。

ただ麻酔を行うというだけではなく、その麻酔のための注射そのものに対する痛みや恐怖感を軽減させるなど、患者ごとに抱える不安や症状に合わせて工夫をしていきます。

また、独立医院では珍しい障がい者向けの設備を導入し、ハード面からも障がい者の方が治療を受けやすい環境を用意しています。

医院建物はユニバーサルデザインを採用

身体の不自由な方でも利用しやすい様、院内は「誰もが使いやすいユニバーサルデザイン」を採用しています。床面の段差をなくし、車椅子でも利用しやすいように設計いたしました。


訪問治療について

訪問歯科診療を行います

高齢や障がいのためご自宅や施設から外出するのが困難な方に対し、訪問歯科診療を行います。保険診療上、当院から15km圏内のご自宅、施設に伺うことができます。訪問時には口腔衛生ケア(ブラッシングや口腔周囲筋マッサージなど)を中心に行います。削るなどの治療が必要な場合は、体調を考慮した上でご家族の協力を仰ぎ医院にて治療を行う場合もあります。


さいごに

わたしたちは、受診されたみなさまが安心して真剣にご自身の健康について考えていただける環境づくりを心がけます。ご不安なことがございましたらなんでもお気軽にご相談ください。みなさまの健康のサポーターになれるよう努めてまいります。