· 

問診票をリニューアルしました!

歯科医院をはじめとした医療機関では初診でいらっしゃった患者様に問診票記入のご協力をお願いしています。当院でも開院以来、両面刷り1枚の問診票に症状などについて当てはまる項目や治療に対する希望などをご記入いただいております。

開業して3年が経過すると医院環境も少しずつではありますが変化してきました。問診票も医院の現状に合わせてリニューアルしましたので、内容を含めご報告させていただきます。

まず両面刷り1枚というところは変わっておりません。なるべくたくさんの情報をお聞きしたいという想いから、文字の大きさは一般的なサイズですので、やや小さいと感じられる方もいらっしゃるかと思います。わかりにくいと思ったら、受付スタッフ等に遠慮なくお知らせください。

それでは各項目について説明させていただきます。

[1] 歯について いかがされましたか?(該当するものを全てお知らせください。)
□ 歯が痛い(□ かすかに < □ 軽く < □ かなり < □ 強く < □ 耐えられない程)
□ 歯がしみる □ 歯が浮いている □ 歯ぐきから血が出る □ 歯ぐきが腫れた
□ 口の中に何かできた □ 詰め物が取れた □ 入れ歯が壊れた
□ 歯を入れてもらいたい □ その他

最も基本的な情報と言ってもいい歯科医院を受診した理由をお伺いします。口の中の症状には歯の痛みや歯肉(歯ぐき)の腫れなどがあり、それぞれ痛みの強さも異なります。
ご選択いただいた項目を基にスタッフがお話を伺い、最終的に医師が病名を診断します。
病状を判断するためにとても重要な項目ですので、思い当たるものは全て選んでいただき、かつ不足している部分はその他の欄に自由にご記入ください。

[2] 今回より前に歯科診療を受けたことはありますか?
□ ない □ 当医院 □ 他の医院 で、 (   )日前 (   )週間前 (   )か月前 (   )年前
⇒ 現在は、□ 完治した □ 通院中 □ 途中で止めた

過去の歯科治療歴は当院で改めて治療を進めていく上でも、大変重要な情報となります。
他の医院で治療中であったとしてもありのままをお知らせいただき、どこで治療するかも含めその方にとって最適な道筋を立てていきたいと思います。

[3] 歯以外の病気(全身の病気)について、通院中・治療中の病気はありますか?
*過去に治療した病名にもチェックをお願いします。
□ ない
□ 高血圧 □ 糖尿病 □ 脳卒中 □ ぜんそく □ B型肝炎 □C型肝炎 □ 腎臓病
□ 心臓病 (□ 狭心症 □ 心筋梗塞 □ 不整脈 □ 心不全 □ 先天性心疾患)□ 骨粗しょう症 □ アレルギー □ 甲状腺の病気
□ がん(具体的な部位     ) □ HIV  □ 発達障害 □遺伝性疾患(具体的に    )□ うつ病 □ パニック障害
□ その他

歯科治療も体の一部の治療であることに変わりはないので、全身の状態、または全身の病気と大きくかかわります。
例えば高血圧の方は、緊張やストレスによる血圧の変動が大きいため、歯科治療中に具合が悪くなったり、局所麻酔薬に含まれるアドレナリンの作用によってさらに血圧が上がったりしてしまうなど注意する点が多々あります。
それぞれのご病気と歯科治療との関係性について詳しくご説明させていただきますので、できるだけ正確にまた具体的にご記入いただけると幸いです。

[4] お薬・治療状況についてお尋ねします。現在服用中の薬剤はありますか?
□ ない □ ある/(□ お薬手帳 □ お薬)を持ってきている
① 服用中の薬剤がある方は、お薬の名前(不明な場合は何のお薬か)を教えてください。
② ペースメーカ、または胸の中に何か埋め込んでいますか? □はい □いいえ

全身の病気に関連しますが、薬の中には口の領域と密接な関係にあるものがいくつか存在します。
例えば、脳梗塞や心筋梗塞を患った方は、その後病気の再発を防ぐために梗塞の原因となる血栓ができにくくなる薬を内服していることが多いです。そのような薬を総じて抗血栓薬と言いますが、簡単に言うと血液が固まりにくくなる薬なので、出血しても止まりにくいという特徴があります。
従って、歯周病で歯ぐきから出血しやすい人は普段の歯ブラシでもすぐに出血してしまったり、歯を抜いた後に出血が止まらず貧血状態になるなど注意すべき点が多く存在します。
しかしながら、これらのお薬は歯科治療中も勝手に内服を中止してはいけません。
基本的には内服を中止することなく、十分に注意し工夫しながら歯科治療を行います。もともとの病気を悪化させてしまってはいけないからです。
このように薬に関しては侮れないケースが多いので、今現在飲んでいるお薬があればなるべく具体的に教えてください。

------

 

以上のような点を踏まえて、初診でいらっしゃった患者様に問診票記入のご協力をお願いしています。

記入していただいている内容は他にもいくつかありますので、他もこの記事と同じような形でご説明させていただきます。