· 

【新型コロナウィルス「緊急事態宣言」に伴う歯科診療について】

この度、2020年4⽉8⽇に施⾏された新型コロナウィルスに伴う「緊急事態宣⾔」により、⽇本⻭科医師会および厚⽣労働省から全国の⻭科診療所に診療制限と院内感染予防強化の要請がありました。

 

当院では感染拡⼤防⽌と患者様の安全・安⼼の確保に向け以下の取り組みを⾏います。

〔取り組み〕

 

【密閉・密集・密接「3密」の防⽌】

緊急性を要する処置(⻭痛・⻭周病・⼊れ⻭の調整など)を優先とし、緊急性のない処置(定期健診など)の延期の検討

 

【体調管理】

スタッフの検温の徹底

 

【院内感染の防⽌】

消毒、滅菌、換気の徹底

〔具体的対応〕

①治療で使⽤した器具類は徹底した滅菌処理を⾏います。

②紙コップ、エプロンは使⽤毎に新しい物と交換します。

③診察台をはじめ、その周りの機器類も消毒します。

④⻭科医師、衛⽣⼠、助⼿はマスク、グローブ、ゴーグルを着⽤しグローブは都度新しいものと交換します。

⑤診察室はパーテーション仕切り専有スペースですが、更なる安全の確保のため全ての診療台にお⼝から⾶散した唾液や⽔を吸引する⼝腔外バキュームを設置しています。われわれスタッフも⾃らの感染予防に⼗分に注意します。

⑥患者様は受診時に患者様の体温測定を⾏います。

⑦待合室は患者様の間隔をあけてお座り頂き、⼈の密集する待合室、診察室を1時間毎に換気します。

⑧⼿すりやドアノブなど⼈が頻繁に触る部分は消毒液でこまめに清掃を⾏います。

⑨来院される⽅は⼊⼝で消毒⽤アルコールでの⼿指消毒をお願いします。

⑩スタッフの⼿洗い、うがい、毎⽇の健康チェックで徹底した健康管理を⾏い、体調不良が⾒受けられる場合は速やかに休みます。

⑪患者様同⼠が密にならないように、予約枠を調整し対応します。尚、⼀時的に次回予約を取りにくくなる場合がございます。何卒ご理解の程、宜しくお願い致します。

(患者様の体調に係るお願い)

来院される患者様で以下の症状がある⽅は、来院前に「帰国者、接触者相談センター」にご連絡をお願いしております。

 

①⾵邪の症状や37.5℃以上の発熱が4⽇以上続いている

②強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

③⾵邪の症状や37.5℃以上の発熱やせき・息切れがあり、14⽇以内に新型コロナウイルス感染症の流⾏地域から帰国した⽅

④⾵邪の症状や37.5℃以上の発熱やせき・息切れがあり、新型コロナウイルス感染症の患者様と濃厚な接触があった⽅

 

上記に関わらず発熱で微熱であったり、症状が軽度の場合であっても、来院をお控え頂きますようお願いいたします。

それに伴う、次回のご予約は出来る限り迅速に対応できるようにさせていただきます。

皆さまが、新型コロナウィルス感染に不安を感じている⽇々の中、みき⻭科三越通りクリニックのスタッフは皆さまにこれからも安⼼して⻭科医療を受けていただけるよう、院内感染予防の徹底に取り組んでまいります。

 

何卒ご理解ご協⼒のほど、宜しくお願い致します。

令和2年4月9日

みき歯科三越通りクリニック

院長 三木武寛